「補助金」カテゴリーアーカイブ

低炭素建築物とネット・ゼロ・エネルギー住宅 パート4

前回までは、低炭素建築物の説明でした。

今回からはネット・ゼロ・エネルギー住宅(以下ゼロエネ住宅)の説明です。

ランクとしては、低炭素住宅の上位版ですね。
大まかな説明はこちらのパート1の下の方です。

まずは、断熱基準ですが4,5,6,7地域はUA値0.6以下にしなければいけません。
この時点で、少しハードルが上がりますね。
前回勉強した省エネ基準を見てみるとsyouenekijyunnti
3地域の東北が0.56以下なので、東北レベルの断熱性能を要求されていることが分かります。

そして、低炭素でも計算した1次エネルギー消費量を20%以上削減させなければいけません。

他には、暖冷房設備や給湯設備などは高効率のものを選ぶ事が義務付けられています。
必然的に、消費エネルギーは減るので設計1次エネルギーが下がり20%削減はクリアできることになります。

さらに太陽光発電が必須で、高断熱化や高効率設備の利用で削減された設計1次エネルギー消費量をすべて賄い、結果的にはプラスにしなければいけません。
いわゆる創エネというやつです。
ハイブリッドソーラーハウスの場合は、太陽熱も利用するため太陽熱コレクター(天日)が屋根に載っているので、太陽光発電をめいいっぱい屋根に載せられないのがつらい所でした。
そのこともあり、今回は建物の断熱性能をできるだけ上げて、エネルギー消費量を減らす努力をしました。

断熱性能を上げるといっても、いろいろな商品があり施工の問題、金額の問題、費用対効果、断熱性能の目標設定など、事前に検討する内容が多くそのことでも結構時間がとられてしましました。
最終的には、天井の吹き込みセルローズファイバーを230ミリ(熱抵抗値R6.2)、壁は柱を120ミリを使っているので高性能GW16K120ミリ(熱抵抗値R3.2)、窓は樹脂サッシアルゴンガス入りLow-eガラス(熱抵抗値R0.53)で決定しました。
この仕様で、外皮平均熱貫流率UA値0.44です。(北海道基準UA値0.46以下)
さらに断熱性能を上げるためには、外張り断熱をプラスしたり、トリプルガラスのサッシを使用したりと金額や施工の面でもかなりレベルが上がってしまうので、なかなかいい線だと思います。

このゼロエネ住宅は、とても大きなメリットがあり、国(経産省)からの補助金があります。
金額としては、一律130万円です。
これはおっきいですね。
決してけんちゃんが貰うわけではありません。
お客様がもらう補助金です。

こちらが、最終的な報告書です。

netzerokeikakusyo

もちろんいっぱいありますがそのうちの1枚です。
下の方に、年間の1次エネルギー消費削減量と削減率、発電を除く削減率が記載されています。
今回の計画では、123.4%の削減率でした。
ということは、23.4%の創エネということですね。
発電を除いても44.5%の削減率なので省エネ基準の住宅の半分しかエネルギーを使わない住宅だということが分かります。

前回も書きましたが、太陽熱利用の蓄熱鋳床暖房の効果などが含まれれば・・・

と 愚痴を書きましたが、うれしいお知らせが。

ちょうど、このタイミングで補助金決定の通知が届きました。
SIIの職員も、なかなか粋な計らいですね。
採択通知はこちら
netzerosaitakutuuti

なんだか、けんちゃんの頑張りが報われたような気がします。

でも、これで終わりじゃなく、写真など大量に撮って完了報告をきっちりしなくては補助金がもらえないのが罠です。

低炭素建築物とネット・ゼロ・エネルギー住宅 パート2

さて、前回の続きです。

前回は大まかな説明をしましたが、今回は実際に何をしたのか、実務的な話を書きたいと思います。

まずは、低炭素建築物。

低炭素建築物を語る前に、省エネルギー基準(断熱基準)について語らなければいけません。
詳しく知りたい方はこちらの国交省のパンフレットを参照してください。

そもそも、日本の断熱基準はとても遅れているという話を以前しました。
過去記事:日本特有の「寒いのは当たり前文化」をやめよう!!

平成11年に次世代省エネルギー基準という断熱の指針が出ましたが、ただの指針で義務化ではありませんでした。
しかも、ゆる~い基準。
そして、平成25年からは新しい改正省エネルギー基準が施行されています。
今年の、3月までは移行期間で、4月からは完全に新しい基準での施行になります。
そして、あと5年後の平成32年からは完全に義務化されます。
義務化されるというのは重要なことですね。
この点は、私達からすれば当然の義務化なのですが、断熱を入れたくないという人には建築の自由は制限されてしまい、まだ検討が必要なことではあります。
日本も、少しずつ変わろうとしています。(まだ不十分ですが・・・。)

syouenesikouji

何が改正されたかと言いますと、大きな所では、断熱性能の指標として床面積から算出していた「熱損失係数Q値」から、外壁や屋根、窓など外部からの熱的影響を受ける「外皮平均熱貫流率Ua値」となります。
このことで、建物の形に大きく左右されていた「熱損失係数Q値」より、正確に建物の断熱性能を表すことができるようになりました。
そしてもう一つ変わった点は、照明や暖冷房、給湯などの1次エネルギーでの評価も加えられました。

Qti,Uatisetumei

けんちゃんとしては、新しい評価基準になって、はたしてサンクスの家づくりはどのくらいのレベルなのだろうとず~っと思っていたわけです。
でも、これはしっかりと腰を据えてやらないと結構大変そうだと思って先延ばしにしていました。
あわよくば、誰かがやってくれないかなぁ~ なんて・・・。
でも、どうせ5年後には義務化されるわけだし、今回いい機会をもらったので、腰を据えてやってやろうということで、チャレンジした次第です。

さて、その改正省エネ基準ですが、ただUa値と1次エネルギー計算をするだけではなく、もちろん基準値があります。
全国をの気候を考慮した8区分にわかれていまして、大雑把にいうと1,2が一番寒い北海道など、3が青森、秋田、岩手、4が山形、福島、新潟、長野など、5,6が東京、大阪、広島、福岡、熊本など、7が宮崎、鹿児島、8が沖縄という感じです。
大雑把に書きましたが、町単位までしっかりと区分されています。
その区分ごとに、クリアしなければいけないUa値があります。
熊本の6地域は、下の表から0.87となります。

syouenekijyunnti

今回は、2件の計算をしましたが、0.46と0.44という結果でした。
地域でいうと1,2地域相当となります。
北海道基準ということですね。
まぁ 日本の断熱基準が遅れているので素直に喜べないのが罠ですが・・・。

ということで、これからはこのUa値に注目してもらうといいですね。

まだ、低炭素建築物の中の省エネ基準の話ですが、長くなるので続きは次回で・・・。

低炭素建築物とネット・ゼロ・エネルギー・住宅 パート1

長くなりそうなので、何回かに分けて書きたいと思います。

前回のブログでも紹介しました低炭素建築物とネット・ゼロ・エネルギー住宅ですが、今回は簡単に説明しようと思います。

まず、低炭素建築物というのは、名前のごとく二酸化炭素の排出量が低い建築物の事です。

現行の住宅の省エネルギー基準(断熱基準)の建物で、1年間に使用するであろう基準1次エネルギー(地域などを考慮)よりも、設計した住宅の設計1次エネルギーが、10%削減が見込まれる住宅の事を言います。
1次エネルギーというのは化石燃料の事で、家庭で使用する照明、給湯、暖房、冷房、換気などのエネルギーの事です。

もちろん、けんちゃんが勝手に低炭素建築物だよと言っても説得力はなく、検査機関に審査してもらい市の認定を受けなければいけません。

まぁ その書類作りが大変だったわけです。

じゃ~ なんで 大変な思いをしてまで低炭素建築物の認定を取ってるかというと、いろいろとお客様にメリットがあるからです。
税金の控除額の拡充や登録免許税の引き下げなどありますが、今最も大きいのはフラット35S(金利Aプラン)が10年間はー0.6%になるということです。
現在とっても低金利なうえに、さらに10年間ー0.6%なので、利用するしかないでしょう。
http://www.flat35.com/loan//flat35s/index.html

そして、もう一つのネット・ゼロ・エネルギー住宅は、上記で説明した基準1次エネルギーよりも20%削減して、さらに太陽光発電でによる創エネで賞味プラスにしなければいけません。
そして、使用する設備関係も高効率のものを使用しなければいけません。(エアコンや給湯器など)
さらには、断熱基準は東北の断熱基準レベル以上が必要です。

こちらも審査があり、書類作りが大変でした。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅のメリットは、国の補助金が130万円も出ることです。
https://sii.or.jp/zeh26r/

とりあえずパート1は大まかな説明です。

ついに来ました大型補助金。省CO2住宅だ!!

キタ――――――――――――――――――!!

大型補助金が決定しました―――――――――!!

国土交通省が実施する「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」にハイブリッドソーラーハウス普及拡大計画が採択されました。

どんな事業かと言いますと

家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、住宅・建築物における省CO2対策を強力に推進するため、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを、国が公募し、整備費等の一部を補助する「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」

~国土交通省のHPから~

だそうです。詳しくはこちら。(国土交通省のHP)

まだ、正式な詳細は分かっていませんので

変更の可能性もありますが内容を少しだけ

  • 2009年5月19日~2010年3月31日に着工(着工の定義は不明)
  • 2011年2月までに完工
  • 新築住宅、事務所、施設等が対象。リフォームは対象外
  • 補助額はまだ未定ですが80万円/棟の見込み(申請手続き費用別)
  • 建築後に3年間使用エネルギーの報告(未定)
  • 採用棟数は200件(未定)

という具合です。

残念なのがリフォームが対象外なのです。

ハイブリッドのリフォームを検討中のお客様がいらっしゃるのですが同じハイブリッドなのに・・・・

しかし、ちょうど6月から新築を建て始めるお客様は大喜びです。

他にも、今年建てようかと検討中のお客様もいらっしゃるのでとてもうれしいニュースです。

そういえばこの前、補助金が無くてハイブリッド君がかわいそうと書いたばっかりでした。

これ。

これで、CO2削減に貢献しているハイブリッド君のがんばりが報われます。

今年建てようと思っている方は、ぜひこの補助金を利用して、環境に優しく健康快適に暮らせる”ハイブリッドソーラーハウス”を!!

太陽熱温水器に補助金!!

うれしいお知らせです。

5月の市政便りに「住宅用太陽熱利用システム設置費用の一部を補助します」と言う記事が掲載されていました。

5万~10万円の補助が貰えるそうです。

詳しくはこちら

太陽熱利用を推進するサンクス建設としては、とてもうれしい制度です。

同じ太陽エネルギーを利用するので、発電だけじゃなく太陽熱温水器にも補助を出すべきです。

しかも、太陽熱温水器の方が効率はよいのです。

昨年までは、NEDOの補助金がありましたが、それも今年から打ちきりです。

一軒当り、150万円ほど貰える大型補助だったのですが・・・。

産業用エネルギーは企業努力で削減の効果は高いですが、家庭用のエネルギーは生活にも関係してきますので削減は難しいです。

そんな家庭用エネルギーを削減でき、CO2排出も少なくなる技術を優遇する補助をして欲しい物です。

ハイブリッドソーラーハウスは、太陽エネルギーで湯沸かしと暖房を行い家庭の消費エネルギーの2/3をしめる湯沸かし、暖房の熱エネルギーの60%を太陽エネルギーで補います。

こんなにがんばっているハイブリッドソーラーハウス君にもたくさんの補助金をあげられたらよいのですが。

かわいそうなハイブリッドソーラーハウス君です。