「その他」カテゴリーアーカイブ

社長が代わりました。

サンクス建設は昭和63年11月13日創業です。
創業33年目です。

平成29年11月13日に、前代表取締役 池田 広治が、取締役会長に、前専務取締役 けんちゃん(池田 憲治)が、代表取締役に代わります。

お祝いでお花を頂きました。
生まれて初めてかもしれません(笑)

新しい体制に代わりましたが、今までと変わらず太陽熱で床暖房の家「ハイブリッドソーラーハウス」を普及させ、快適・健康・省エネな暮らしを多くの皆様に提供していきたいと思います。

12月30日~1月4日はお正月休みとさせていただきます。

来年もよろしくお願いしたします。

建築業界にも文春砲!!

芸能界や政界を賑やかせている文春砲ですが、10月5日号では住宅の記事が掲載されました。

タイトルは《「温かい家」は寿命を延ばす》
キーワードとして
・12℃未満は頻尿リスクが5倍
・窓から熱を逃がさない方法
・室温は脳の若さにも影響
・室温は冬でも18度以上に
などです。

ジャーナリストの笹井恵理子さんの記事で
慶應義塾大学理工学部 伊香賀俊治教授
日本エネルギーパス協会代表理事 今泉太爾氏
首都大学東京名誉教授 星旦二氏
近畿大学建築学部 岩前篤教授
などの話がまとめられています。

2年前の冬にも日経新聞に「日本の住宅、なぜ寒いの?」という記事が掲載され、とても喜んでブログで紹介しました。
こちら
あれから2年が経ち、建築業界としては高断熱化が進んできたのではないかと思います。

今回の記事に話を戻しますが、断熱性を上げると冬は室温が上がり省エネで快適。
という話ではなくて、室温が身体にどのような影響を及ぼすかという記事です。

主な内容

実は、イギリスでは「家の寒さと死亡率の関係」を数十年調査しその結果を分析して「住宅の健康・安全評価システム」として公表しているそうです。
健康を守る最低室温は「18度以上」とされ、高齢者には「21度以上」が推奨されています。
驚きなのは、18度以下の賃貸住宅には解体命令が出たり、寒い家に住んでる人は病気になりやすいので保険料が高くなるそうです。
18度を下回ると循環器疾患、16度を下回ると感染症などの発症や、転倒、ケガのリスクが高まるそうです。
日本では、地震に強い家は研究されてきましたが、健康を守るために温かい家を作ることをしてきませんでした。

しかしながら、日本でも住宅の室温と健康の関係性を研究されている方もいらっしゃいます。
高知の町で千人以上の方を10年間調査した結果ですが、18度以上に保つ家とそうでない家では、高血圧症の発症率が6倍も違うそうです。
さらに、加齢、肥満、喫煙、塩分摂取による発症率と比べても、家が寒い方が発症率が高いそうです。
他にも、脱衣室の温度で健康寿命に差が出たり、要介護の悪化スピードにも差が出るようです。
室温は、脳の若さにも影響を及ぼします。
床上平均温度が16度に住む人は、13度に住む人と比べて6歳若いそうです。

別の研究では、2万人以上を対象としてほぼ無断熱の家から、そこそこ断熱された家に引っ越した人を調査しています。
気管支喘息、のどの痛み、手足の冷え、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの八つの症状について明らかな改善が見られたそうです。

冬になると、必ずテレビや新聞などで取り上げられるヒートショックによる死亡事故。
宅内での何らかの事故による死亡した人は、15,000人にも上るとしています。
交通死亡事故が4,000人を切っていますので3倍以上の方が宅内の事故で亡くなっています。
依然聞いた岩前教授の講義で、朝出かけるときには
「今日も危ない家で生き延びられてよかったね、外は安全だから安心して出かけて行って。」
家に帰ってきたら
「おかえりなさい。さあ、家は危険なので気を付けてくつろぎましょう。」
正確ではないですが、こんな冗談を聞かされたのをよく覚えています。

高断熱で温かい家は、コストがかかるというイメージがありますが、将来的にはこのコストは十分回収できることとなります。
高断熱にすることにより、暖房費が安くなるし、健康で暮らせるということは、医療費にかかるコストも抑えられるということです。
長年、室温が低い環境で生活していると、血管に負担がかかって病気のリスクが高まり、年齢を重ねるほど健康寿命に影響してしまいます。

筆者の最後のまとめですが
温かい家は健康を守る。
冬でも「室温18度以上」を日本人の新しい常識にしたい。

以上、簡単にまとめてみました。

やはり、日本でもっと知ってもらいたいことは、というか知らないといけないことは、住宅が寒いと健康を損なうということですね。
省エネや快適性ももちろんですが、一番は健康でしょう。
サンクス建設の家づくりのコンセプトは「省エネ、快適、健康」なので、ハイブリッドソーラーハウスはばっちりコンセプトにあった住宅です。

中体連

長男涼太君は中学3年生(西原中)なので、中学校最後の大会「中体連」がありました。

野球部として頑張り、初戦は2年生主体の藤園中にコールド勝ち、2回戦は東町中に1対0で競り勝ちました。
前評判は、東町中の方が優勢と言われていたようですが、僅差での勝負でとてもしびれました。

3回戦は、長嶺中との対戦でした。
長嶺中とは、よく練習試合をしていて、対戦成績としては西原中の方がやや優勢でしたが、直近の試合では負けていた相手です。

小雨の中での試合で、お互いミスがありながら6対2と西原が勝っていたのですが、最終的には11対6と逆転負け。
中体連の時期は、梅雨時期なので試合が荒れる傾向にあります。
今回は、西原中が崩れてしまい、勝ちを逃してしまいました。
小雨の中での試合で、お互いベストな試合内容ではなかったことが悔やまれますが、今回の負けを将来に生かして行って欲しいと思います。

3年生は、気持ちを切り替えて、高校受験勉強が始まります。
今の成績ではちょっとやばいので、頑張ってほしいな~

熊本地震から5か月。地震後を簡単にまとめ。

え~ 早いもので、熊本地震から5か月がたちました。

このブログも、久しぶりに投稿します。

とりあえず、けじめとして震災のことをまとめてから、通常モードに戻らなければいけないと思っていたのですが、書き出すと大変だなと思い、ついつい5か月もたってしまいました。

4/14の前震(前震という呼び方はもうしないらしいけどわかりやすいので)は、とてもひどかったのですが、被害も少なくまだこれくらいで済んだならよかったね。という感じでした。
そして、あとは余震だからそれほどひどいことにはならないだろうと安心していたところで16日未明の本震。
前震の時もすさまじい揺れだったけど、本震はやっぱりすごかった。
音で表現すると「ガタガタガタ」ではなく「ズガガガガガガ~」って感じです。

震度を確認しよう思って調べてみたら、14~16日は震度5とか震度6とかが結構多いです。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_date?order=outbreak_datetime&&desc=1&date=20160415
この前、震度5を久しぶりに体感しましたが、やはり震度5でも結構怖かったです。
改めて、すごい地震だったなと思いました。

けんちゃんが住んでいる地域は、家が倒壊するほどではなかったものの、瓦の被害やブロック、石垣などはかなりやらていました。
1件だけ倒壊して、3人生き埋めだったのですが何とか無事でした。
意外だったのは、ブロック基礎で旧耐震基準(昭和56年以前)のひ弱そうな木造の建物でも、外壁の滑落や基礎の破壊などがありながらも倒壊までには至らないということです。
もちろんその後住むことはできないかもしれないのですが、倒壊して下敷きになるということはないようです。

そして、本震が夜中だった事と季節が過ごしやすい時期だったことは、不謹慎ながらとてもラッキーだった思います。
昼間だったら、商業施設などの天井が落ちて多くのけが人が出たでしょうし、冬場だったら多くの火事で大混乱だったと思います。
しかも、寒かったら避難生活も大変でした。
もちろん津波も来てないわけで、東北のことを思うと私達はまだラッキーだったなと思います。

16日以降は、かなりの大混乱でした。
電気、水道、ガスはストップして、道路にはブロック塀のがれきが散乱、屋根の瓦はずれ落ちて、外壁はモルタル壁が剥がれ落ちている。
二日間は、家族やご近所の身の回りの生活を確保することで精一杯でした。
けんちゃんとしてできることは、屋根の補修や道路のがれきの撤去、外壁の補修など。
ご近所さんは、遠方に当面の食料と水の確保。
水を分けていただけたことは、本当に助かりました。
嫁さんと子供は、遠方の実家に避難兼食料、水の確保に出ましたが、通常高速で片道1時間半の道のりが5時間かかりました。
親戚や、友達、仕事仲間から連絡がありましたが、雨が降る前に近所の屋根の補修をしなければいけないので話をする暇もなく、必要なものを尋ねられても、とにかく目の前のことで精一杯で何が必要なのかもわからない状態でした。

ライフラインは、電気が二日、水が四日で復旧しました。
電気と水が復旧したことで、生活にも余裕が出てきて、大分楽になりました。
でも、プロパンガスがなかなか復旧できず、ポットでお湯を沸かして湯浴みをする日々が続きました。
お湯が沸くだけも、ありがたい。

サンクス建設としては、本震3日目の18日から、大工さん3人とけんちゃんで屋根の被害がある所にシートをかけに回りました。

dsc_6368

dsc_6376

dsc_6341

dsc_6347

といっても、シートはあまりなかったので、節約のために使用できる瓦は葺き直したりしたので、とても時間がかかりあまり多くは回れませんでした。
おまけに、車の移動では通行止めのところがあるので大渋滞。
仕事がはかどらず、雨が降るのにシートもかけられないところも多くありました。

約1か月はシートかけの仕事が続きます。

その後も、大雨や強風などでシートの手直ししなくてならず、通常業務に戻るには時間がかかりました。
おまけに、一度ストップしてしまった新築やリフォーム工事を段取りし直すことも大変で、なかなか思うように工事が進みませんでした。

そして、復旧にかかる見積もり作業。
半壊以上の罹災証明が出ると、57,6万円の支援が受けられるのですが、そのための見積もりや書類作成など。
実際は、見積もりをしてもなかなか工事ができていません。
というのも、あまりにも広範囲に被害が出たために、職人さんが不足して工事ができません。
特に瓦工事やクロス工事は、いつできるのか見当もつかない状態です。

5か月たった現状としましては、震災被害でとてもひどかったお宅のリフォームがそろそろ終わりそうです。
そして、次の復旧工事に取り掛かったところです。
とりあえずは、少しずつ復旧が進み出しました。

どんどや2015

今日は、西原小校区のどんどやでした。

涼太、颯太、奏太君と一緒に行ってきました。

西原小の櫓(でいいのか?)は、毎年竹を提供してくださる方がいらっしゃるようでありがたいものです。
前日に6年生が櫓作りを手伝ったそうです。

それにしても毎年立派な櫓が出来上がります。
DSC_3838

子供たちの記念撮影。
長男涼太君は、来年から中学生になります。(中央)
二男の颯太君が5年生。(左)
三男の奏太君は1年生。(右)
DSC_3839

6年生の各クラス代表が点火します。
DSC_3840

櫓が一気に燃えている間は動画を撮っていたので写真がありません。
動画をブログにアップしようと思いましたが載せられませんでした。
サンクス建設のフェイスブックページにアップしました。
燃える音とけんちゃんの声がうるさいので音量注意です。
https://www.facebook.com/sankusukensetu
大方燃えてしまいました。
DSC_3842

参加者が多く、櫓の周りは熱すぎるので、あらかじめ敷きこんでいたワイヤメッシュを四方に散らばせます。
DSC_3843

それぞれの場所で、いろんな工夫を凝らしたもち焼きが始まります。
DSC_3844

今回驚いたのは、リンゴを焼いている方がいらっしゃいました。
焼きリンゴだそうです。(うまかったかは分かりませんが・・・。)
他には、マシュマロを割り箸に刺して焼きマシュマロ。
あとは、ピザを焼いている方もいらっしゃいました。
DSC_3845

けんちゃん家は、普通にもちのみ。
砂糖醤油でいただきました。
DSC_3846

DSC_3847

DSC_3849

DSC_3850

 

今回は、アルミにコーティングがしてあるやつを使用したのでもちも引っ付かず大成功でした。